そもそもなぜ独学にこだわるのか

妙な“こだわり”を捨てれば、行政書士試験対策はぐんと楽になる


このサイトを訪れている皆さんであれば、「行政書士試験に独学で挑戦したい」と考えている受験生がほとんどだと思います。
どんな学習法であっても、重要なのは「合格を目指せること」に他なりません。
しかしながら、前のページでご紹介した通り独学の場合、スクール利用と比較するとどうしても失敗のリスクが高いと言えます。

そもそもなぜ、皆さんは行政書士試験対策に独学で挑戦しようと考えたのでしょうか?
「何となく」で独学にこだわるあまり、試験対策が必要以上に辛いものになっている可能性はありませんか?
今一度、考えてみましょう。


すべてを一人で背負いこむ独学には、相当の覚悟が必要


行政書士試験対策に独学で取り組むことのメリットとして挙げられるのは、おそらく「お金がかからない」「自分のペースで取り組める」といったことでしょう。

確かにこれらは大きな魅力ではありますが、それは「合格できること」が前提にあって言えることです。
お金をかけなくて、自分流の取り組み方で、試験にパス出来れば良いのですが、独学することでかえって受験失敗のリスクが高まってしまうのであれば何の意味もありません

すでにご紹介した通り、独りよがりになりがちな独学で、行政書士試験合格を目指すのは容易なことではありません。
よほど資格試験の独学に慣れている方でない限り、スクールの教材やカリキュラムを使う方が断然効率良く学習が進むことは言うまでもありません。

それでもなお、行政書士試験に独学で挑もうとするならば、教材の選定からカリキュラム策定、そして継続的に学習を続けていくために、相当の覚悟と工夫が必要になります。


独学以上の選択肢に目を向けてみる


行政書士等の資格試験に独学で受験しようという方は、どうも必要以上に独学に固執している傾向があるようです。
最も多いケースは「予備校に行くだけのお金や時間がないから、独学でやるしかない」と思い込んでいる例でしょう。

ですが、独学並みにリーズナブルに、しかもどこにも足を運ばずに、スクールを利用することもできます
その手段が「通信教育」です。

通信教育について、ここであれこれ書いてもきりがありませんから、試しにインターネットで「行政書士試験対策の通信教育」を検索してみてください。
内容や受講料を見れば一目瞭然、行政書士試験受験対策の新たな選択肢の一つとして、前向きに検討できるはずです。