独学の“毒学化”に要注意

行政書士独学受験生に欠けがちな「客観的な視点」


行政書士試験に独学で挑戦する受験生というのは決して少なくありませんが、実際にはその大半が「誤った学習」に陥っているという事実があります。
このページでは、いわゆる“独学の毒学化”として知られる独学ならでは失敗例を、具体的にご紹介していきたいと思います。


おさえるべきポイント、正しくおさえていますか?


行政書士試験対策において重要なのは、「覚えるべきポイントをしっかり覚えること」です。
試験には出題傾向がありますから、そこをいかに外さず、正しくおさえられる勉強ができるかが焦点になるでしょう。
このことは、行政書士試験に独学で挑戦するにせよ、予備校を活用するにせよ、いずれにしても共通して言えることです。

講座を活用する場合には、スクールが出題傾向を徹底的に分析して、その内容を教材に反映させてくれます。
テキストや講義の中で、頻出事項や覚えるべき優先順位が分かりやすく示されています。
加えて、スクールのカリキュラムでは、インプットとアウトプットがバランス良く行われますから、知識の習得段階で漏れていた重要事項も問題演習の中で拾うことができます。

一方、独学の場合、勉強の方向性を示してくれるものがありません
市販のテキストには、出題ポイントがまんべんなく網羅されているものの、「特にこのポイントを覚えるべき」というのが分かりにくく、それぞれの項目の重要度がイマイチ明確でない場合がほとんどです。
また、独学受験生の場合、インプットにばかり偏って十分なアウトプットが行われないケースが多々ありますから、誤った方向性に進んでいても軌道修正が図られないことが多いものです。

こうした学習過程において、行政書士独学受験生が陥りがちなのが、「客観的な視点の欠如」
覚えるべきポイントも、学習の方向性もすべて自分自身に委ねられているため、日々の試験対策が知らぬ間に“出題傾向から外れた学習”になってしまっているケースがあります。
これこそが「独学の毒学化」です。


毒学化を免れるためには、十分なアウトプットを


独学が独りよがりの学習に終始しないためには、「問題演習の機会を多く取り込むこと」です。
過去問演習であれ、予想問題演習であれ、模試受験であれ、内容はすべて過去問をベースにした「出題傾向に沿った設問」。
これらを積極的に解く中で、試験で狙われるポイントとそうでないポイントを把握していくことができます。

行政書士試験に独学で挑戦する場合、自信のなさから、ついアウトプットが遅れがちになりますが、問題演習を計画にどんどん盛り込んでいくよう意識してみましょう。