DM、飛び込みの他、「WEB集客」も新定番に

行政書士として独立して仕事をしていく上で、皆さん最も不安に感じられるのは、「営業活動をどう進めていくべきか」についてだと思います。
私の様に「前職が営業だった」というのであれば、さほど抵抗なく営業活動に取り組んでいけるのかもしれません。
しかしながら、実際、士業として開業される方の中には、営業経験者というのはさほど多くはないようです。
むしろ、事務方として活躍されていた方が多いので、いざ開業してみても営業活動について頭を悩ませる方というのは、かなりいらっしゃるのではないでしょうか。

 行政書士として仕事をとっていく手段として、現状、考えられる営業スタイルはどんな形でしょうか?定番といえば、やはりDMや飛び込み営業でしょうか。
しかしながら、専門家というスタンスで仕事をしていく上では、「お仕事頂戴!」と下からアプローチしていくようなやり方はあまり得策とは言えないかもしれませんね。
もっとも、DM配布はお金がかかりますし、飛び込み営業も確率的に考えれば決して効率の良いやり方ではありません。
出来れば、もっと新しい営業の仕方を考えていきたいところだと思います。

 それでは、これから開業する行政書士が効率良く仕事を獲得していくためには、どんな営業活動に注目すべきなのでしょうか?
その答えは、「WEBの活用」です。

現代においては、皆さん、何かモノを調べようと思えば真っ先にネットを使いますよね。
皆さんの見込み客も、何か困りごとや必要な手続きが発生した際には、まずインターネットであれこれ検索をするでしょう。よって、最も効率の良いやり方といえば、ズバリ「ネット上でお客さんに出会える仕組み作り」を進めていくことなんです。
具体的な方法として、まずはホームページを立ち上げること、さらにはサービス別にサイトを作っておくこと等も有効だと思います。
「とはいえ、SEO対策等難しいし・・・」と不安な方もいらっしゃるでしょうが、そこはあまり難しく考える必要はないと思います。
ただし、見込み客にとって役に立つ情報をふんだんに盛り込み、コンテンツを充実させることだけは忘れてはなりません。有益な情報に、おのずと人は集まるものです。
あれこれ考えず、まずは始めてみること。試行錯誤する中で、徐々に皆さんなりの営業活動を確立されていくのが良いのではないかと思います。