使えるところはとことん使う、ただしハマりすぎに注意!

行政書士等の士業として仕事をしていく上では、少なからず所属する支部との関わりを考えていく必要があると思います。現状、会社に属している方にとっては、この支部との関係性についてはあまりピンとこない部分かもしれません。
「行政書士って独立開業したら自営業でしょ?」「なんで支部に所属?」「そもそも支部って何?」と、知らない方からみればハテナだらけのカテゴリかもしれません。

支部とは、一言でいえば「その地域の行政書士の統括する組織」のようなもの。
日本行政書士会を本部として、日本全国各地域に支部が設置され、会員の活動をサポートしたり、地域住民に向けて会員同士が一緒になってイベントを実施したりしています。
行政書士として登録すると、皆さん開業地にて支部に所属することになります。ただし、その関わり方は人それぞれで、積極的に支部の役員や係を引き受ける方もいれば、まったく支部活動に顔を出さない方もいらっしゃいます。
新人行政書士として仕事をスタートされる上では、こうした支部との関わりについて、まずご自身のスタンスを定めておかれると良いと思います。

支部活動に関わる最大のメリットとしては、「行政書士としての縦横のつながりを得られること」にあると思います。
新人の場合、何かと分からないことが多いですから、同業同士のツテがあるというのは実に心強いものです。
また、あわよくば先輩から仕事を紹介してもらえたり、行政協力で実務に携わることが出来たり、といったこともあるでしょう。

しかしながら、一方では「支部活動に縛られて営業活動に集中できない」、あまり詳しくはお話ししませんが「支部のしがらみが何かと厄介」等、支部活動にはまることでのデメリットもあるようです。
もっとも、こうした状況は支部によってかなり異なりますから、開業当初にそれとなく周囲に話を聞いてみるなどして、メリットとデメリットを把握した上で付き合い方を検討されるのも良いかもしれませんね。
あくまで、行政書士として仕事をする上で支部活動が有益かどうか、を判断されるのが得策だと思います。